差し押さえ弁護士相談<債務整理に強い法律事務所>

差し押さえ弁護士相談<債務整理に強い法律事務所>

差し押さえ弁護士無料相談

 

差し押さえの督促状が来てしまったらどうすればいいのでしょうか。

 

まずは無料相談で色々聞いてみることをお勧めします。

 

差し押さえは、債務整理のプロ・弁護士への迅速な相談が鍵

 

無料相談が行える中で、最も安定しているのは弁護士です。
あとは司法書士だったり、税金の話ですので税理士に聞くことも可能です。

 

逆に、NGなのが1人で考えてしまことです。
1人で思いつめてしまい、自己破産しかないなどと考えたりしないでください。
ネガティブの泥沼にはまってしまいます。
相談自体は無料でやってくれるところが殆どですので、まずは相談から始めましょう。

 

差し押さえについて相談したい…

 

無料相談の方法は幾つかあります。

 

まずは電話でお願いする方法です。
大手の事務所であれば、フリーダイヤルに連絡することで相談することが出来ます。
時間が決まっているので時間内に相談するようにしてください。
対話形式ですので、必要なことはメモを取るようにしてください。後日本当に相談したい場合は事務所に行くことをお勧めします。

 

次にメールで行う方法です。
ホームページを持っている事務所なら対応してくれます。
メールの場合は夜中に送っても安心です。早いところで翌日には返信があると思います。
時間のない方にお勧めで、内容をコピーすることで残しておくことが可能です。色んな事務所に相談できるメリットもあります。

 

当然ですが事務所の方に行ってみるのもありでしょう。出来れば事前連絡をしてから行った方が良いですね。
実際に行くことによって色々な確認を取ることが可能です。一番納得できる相談が出来る方法です。

 

差し押さえ・督促状体験談

 

差し押さえが行われた、督促状が来たらまず相談することが大切です。

 

今から20数年前のバブル時代に自営業を営んでいました。個人での仕事だったのですが、食品を百貨店やスーパーなどで実演販売する仕事でした。

 

当時は消費者の財布の紐も緩く売り上げは平日10万~13万、日曜祭日は店の規模にもよりますが30万程の売り上げが有りました。月商は、400万ちょっとで、経費などを差し引いても50%の純利益がありました。まだ30代前半で若かったので遊びも半端無かったです。毎晩クラブへ行って豪遊したり、ギャンブルで浪費したりの日々でした。

 

その数年後に、まさかバブル崩壊とは考えもしなかった。徐々に仕事も減り収入も減り終いにはサラリーマン並みの収入まで減ってしまった。

 

人間と言う生き物は馴れや習慣で変わってしまいます。月に20万での生活をされてる方が一気に50万になる事は全然問題ない事ですが、逆に月に200万稼ぐ人間が20万まで減少すると大変な事が起きます。生活環境が直ぐには変えれない事です。

 

それなりの生活が身に付いているので、お金が無くとも何とかしちゃうのです。それが借金の始まりです。自分の現在の収入以上の生活を維持する為に金融屋の扉を開けてしまうのです。安易に借り入出来る事から一旦お金を手にすると錯覚してしまうのです。借りたお金を自分の物だと、そして無くなれば次の金融屋の扉を開く。そんな繰り返しで、見る見るうちに借金が膨れ上がり気がついた時には到底返済出来ない額にまで達していた。

 

毎晩自宅に電話の嵐でした。最初のうちは出るのですが、キリが無いので、留守番にメッセージが100以上とかでした。催促状も何通も来ました。若干ノイローゼ気味になり、最終的に弁護士に依頼して、整理をしてもらいました。

 

今は地道にコツコツとサラリーマン稼業を頑張ってます。

債務整理:個人再生/任意整理/自己破産